東京五輪2020までに新幹線の喫煙車がなくなると報道

東京五輪2020までに新幹線の喫煙車がなくなると報道

ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5月5日に東京五輪2020までに新幹線の喫煙車両が廃止されるとの記事が掲載されました。

 新幹線で唯一、座席でたばこが吸える東海道・山陽新幹線の喫煙車が、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年の春までに廃止されることになった。

 前回の東京五輪と同じ1964年の開業時は「全席喫煙可」だった新幹線。それから約55年を経て、列島を走る全ての新幹線から喫煙車が姿を消すことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00050005-yom-soci

この記事に対する反応をまとめました。

賛成意見

え、まだ喫煙車ってあったの?

座れる座席が増えていいですね

止むを得ず喫煙車に乗らなくて良くなるの嬉しい。

あれヤニ厨の俺でも辟易するぐらい空気淀んでて気持ち悪くなるから途中から使わなくなった。

新幹線の喫煙車廃止は、いつも喫煙所で吸ってるので問題ない。 むしろ隣で吸われると乗り物酔い酷くなるので助かる。

反対意見

喫煙車廃止のどこが喜ばしいのか謎

タバコ吸わないけど座れるなら喫煙車両でもOKな人にとっても迷惑な話

タバコ吸わないけど喫煙車は子供連れが乗ってこないから 重宝してたのに。

喫煙ルームで一服して禁煙席に戻られるとタバコ臭くて嫌なので個人的には喫煙ルームを廃止して喫煙席を存続させてほしい。

喫煙箇所で一服した後タバコのニオイさせて隣に座られるくらいなら、喫煙車両以外全禁煙にして一か所に押し込めておいてほしいんだよね….

まとめ

非喫煙者目線でみると、喫煙車両がなくなるということは選択できる座席数が増えることにつながるので嬉しいですね。しかし、逆に喫煙車でもいいからとにかく座りたい、また子供嫌いの人にとっては需要があったようです。

さらに、喫煙車両はなくなっても喫煙ルームはなくならないようですので、喫煙ルームで一服して戻ってこられると臭いから喫煙車があった方がいいという意見には、なるほどと思いました。

しかし、喫煙者にとっても喫煙車両は気持ち悪くなるくらい煙いものだったというのは面白いですね。

ちなみにJ-CASTニュースがTwitterでとった賛成反対のアンケートの結果はこちら。

あなたは賛成ですか?反対ですか?

ニュース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加